健やかで明るい毎日のために誰もが利用できる福祉センターです
時々学習、時々談笑、健康作づくりは「絆」から!!
H26.3.10 瀬川 實

 私は今年76歳になりますが、ボランティア活動の一環として、東海日本語ボランティア教室を開設しております。教室では、原子力研究所の研究員や日本人を夫に持つ主婦などを対象に、毎週土曜日の午前中に彼らが多く住む村松地区内のコミュニティセンターで日本語を教えております。
 一方、日本語教師育成のための教育訓練に当たっては、東海村総合福祉センター「絆」のボランティア室を利用しております。教育訓練内容は大別して、英会話の基本となる英文法・英文読解法及び英会話の学習ならびに日本語の補講授業です。
 
 英語の勉強をしている方々は、全員中高年者であり、日本語の教師志望者ばかりでなく、老化防止のため、生きる張り合いを持つため、孫に教えるため、学生時代にしっかり勉強しなかったためなど、さまざまな理由があって集まってワイワイガヤガヤ楽しく勉強しております。我々中高年者は、自宅に閉じこもってばかりいては、精神衛生上も健康保持という点で良くありません。どんどん外に出て行って、友人を作り、語り合い、共通の趣味を持って学び合いながら積極的に生きることは、長生きするための一つの方法と言えましょう。そういう意味で、その場所として「絆」のボランティア室を利用させていただけることは大変有り難いことです。
 「絆」のボランティア室は、一回の申し込みで半年先まで安定的に予約ができるため、われわれ利用者にとっては最大のメリットとなっております。
それに加えて、「絆」には、食堂があるばかりでなく、コーヒーブースや休養室もあり、ボランティア会員の親睦を深めるための格好の場としても大いに利用させて頂いております。その他、カラオケ室、お風呂、リハビリ室など数多くの設備が揃っており、村民の健康増進の一役を担っています。村内の数多い施設の中でも、まれにみる優れた施設と言えましょう。まだ、ここを訪れたことのない方は是非一度お出でになられることをお勧めします。
 私たちは今後もこの素晴らしい「絆」をいつまでも利用させて頂き、健康で張りのある日々を過ごしていきたいと思っております。
[東海村総合福祉センター 絆] 〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005番地 TEL:029-283-2299
|プライバシーポリシー| Copyright Tokai vil. Synthesis Welfare Center KIZUNA All rights reserved.