問い合わせ アクセス
Facebook Twitter Instagram LINE Youtube
Skip to main content
日常生活自立支援事業
日常生活自立支援事業イメージ
こんな時にはこの制度を
判断能力の状況
福祉サービスの利用など、 日常生活についての心配ごと困りごと相談
日常的なお金の出し入れ、生活費の管理
預金通帳などの管理
判断能力あり
  • 福祉サービスを使いたいが利用の仕方がわからない。
  • 生活費を計画的に使えない。
  • ひとりで決めることが不安。
  • 公共料金の支払いを忘れてしまう。
  • 通帳をなくしてしまう。
  • 使うはずもない高額な健康器具などを頼まれるとつい買ってしまう。
  • 不十分
    買い物ができる
    契約行為を一人でするには不安がある
    本人との契約による利用
    著しく不十分
    買い物ができる
    重要な契約行為は一人でできない
    本人との契約による利用
  • 生活支援員が定期的に訪問します。
  • 福祉サービスの利用相談にのります。
  • 日常生活費をお届けします。
  • 通帳などを預かります。
  • 判断能力に欠ける
    買い物ができない
    契約行為が全くできない
    意思疎通ができない
    日常生活自立支援事業
    サービスの内容
    認知症や知的・精神障がい等により判断能力に要支援課題が生じた方と「契約」を結び、「生活支援員」を派遣して、自立した生活が送れるよう支援する事業です。
    ※村内に居住する方(施設入所も含む)で、親族等の援助が受けられない方が対象となります。
    福祉サービスの利用援助
  • 内 容
    ●サービスの情報提供・相談・利用申込・契約代行
    ●入所、入院している施設や病院の利用に関する相談
    ●サービスに関する苦情解決制度の利用手続き支援など
  • 利用料1,100円(1時間あたり)
  • 日常的金銭管理サービス
  • 内 容
    ●福祉サービスの利用料金、公共料金、医療費などの支払い代行
    ●年金や各種手当ての受領に必要な手続き
    ●預貯金の出し入れなど
  • 利用料1,100円(1時間あたり)
  • 日常生活の事務手続きサービス
  • 内 容
    ●住宅の賃借や住宅改修等に関する情報提供・相談
    ●住民票の提出等手続き
    ●クーリング・オフ制度の利用手続きなど
  • 利用料1,100円(1時間あたり)
  • 書類等の預かりサービス
  • 内 容
    年金証書、預貯金通帳、保険証書、不動産権利書、各種契約書類、実印・銀行印などの貸金庫での預かり
  • 利用料500円(1ヶ月あたり)
  • 利用したい
    Copyright Tokai vil. Council of Social Welfare. All rights reserved.